ADHDと食事には深い関係性があるって本当?

目安時間:約 5分

食生活がADHDの引き金になる?

 

といった声は昔からあり、現に食生活とADHDの関係性について

探ったり意見を述べたりしている研究者は大勢います。

 

 

ただ「関係はある」という意見も「関係はない」という意見も存在しており、

「ADHDと食生活」について、医学的に明確な定義づけは成されていないままです。

 

現状、医学的には「フレッシュな野菜とフルーツをメインとした食生活」を、

ADHDに関しての最適な食生活であるとしています。

 

単純に言えば「健康に良い食生活を送りましょう」という事です。

 

ただ、各種研究の元「ADHDと関係があるのではないか」と

思われている食品は、いくつか存在しています。

 

そこでは、ここでは「ADHDに関係すると言われている

「避けた方が良い」食品」

についてお伝えしていこうと思います。

 

ADHDと関係すると見られている食品は?

 

○砂糖

 

「ADHD」、「多動障害・注意欠陥(AD/HD)」、

「鬱」などの障害・病気に密接に関係していると言われています。

 

よく取り沙汰されているのは砂糖ですが、

「ADHDには糖質全域が密接に関係している」という意見を

持っている研究者も大勢います。

 

○合成着色料

 

ADHDと「黄色5号、黄色4号、赤色102号、赤色40号」などが

関係しているのではないかと言われており、

イギリスでは規制されています。

 

その他、日本では重宝されているタール色素なども

関係しているのではないかと言われています。

 

現状国外の規制と比較して、国内に合成着色料に関する規制はかなり甘く、

「海外では危険視されていて使われていないが、

日本では使われている合成着色料」も多いです。

 

ADHDの事のみならず、健康面が心配な場合は

世界全体の事を判断基準にした方が良いと思います。

 

○人口調味料

 

ADHDとの関係性が特に疑問視されているのは「人工甘味料(アステルパーム等)」です。

 

人工甘味料の大半は世の中に出回るようになってから歴史が浅く、

未だ分かっていない部分が多いと考えている専門家が大勢います。

 

「ADHDとの関係性」についても分かっていない部分が多く、

疑問視する声は多いです。

 

どうしても心配な場合は天然の甘味料(メープルシロップ、ハチミツなど)を

メインに使うようにしましょう。

 

砂糖とは異なり、単糖類ですから健康にも非常に良いです。

 

○グルテン

 

小麦に含有されているたんぱく質の仲間である「グルテン」は、

国外では砂糖よりも危険視されています。

 

「ふくらし粉」が国内では馴染み深いはずです。

 

腸内フローラに関してグルテンが良くない影響を与えると言われていますが、

近年「ADHDと腸内フローラは密接に関わっている」という発表が成されました。

 

ですから、グルテンはADHDに関係する食品であると見られているのです。

 

ここでは国外で公に明かされている研究結果をメインに解説してきました。

 

ちなみに、日本は食品とADHDの関係性についての研究で

遅れを取っているというのが現状です。

 

ADHDと食品の関係性についての研究が進む事が期待されています。

 

ここまで、食品とADHDの関わりについて紹介してきました。

ご参考になれば幸いです。


コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 

ページの先頭へ