ADHDの子どもにやる気を起こさせる方法はある?どんな風に声をかけるといい?

目安時間:約 5分

子どものADHDには様々な特徴があり、

接し方ひとつでその症状は

良い方向にも悪い方向にも向かいます。

 

宿題や片づけ、様々なことに接

触的になってくれて、

やる気を出させるには

どんな方法があるのか?

 

今回はADHDの子どもが

様々なことに意欲的に

なってくれるような方法や

接し方などをまとめてみましたので、

さっそくご覧ください。

 

【子どものADHDの特徴】

子どものADHDといっても、

特徴はその子によって異なり、症状は様々です。

 

というのもADHDにはタイプがあり、

「多動性」「不注意型」「衝動性」など、

そのタイプによって症状が変わってきます。

 

▼多動性の主な特徴

・じっとしていられない

・必要以上に発言してしまう

・落ち着かずにすぐに席を立ってしまう

 

▼衝動性の主な特徴

・乱暴になってしまうことがある

・自分の番でもないのに、前へ出てしまう

 

▼不注意型

・忘れ物が多い

・様々なことでミスが目立つ

・集中力に欠ける

・片付けが苦手

 

 

このように、ADHDには様々な特徴があり、

親御さん達は接し方やしつけ方などに

日々奮闘することもあるかと思います。

 

これからどんどん成長していく我が子のためにも、

宿題をやったり、お片付けをしたりと、

何事にも意欲的にやる気を出せる子に

なっていってほしいですよね。

 

ADHDの子どものやる気は、

ちょっとした一声や接し方の工夫ひとつで

グンと変わっていくものです。その方法がこちら!

 

【ADHDの子どもをやる気にさせる方法】

  • 1日の流れを決める

私たち大人にとっても、1日のサイクルを

決めるということは良い事です。

 

1日のサイクルが

しっかりすることで、

無目的な時間が減り、

今何をすべきかを

考える時間などが

生まれていくからです。

 

特に子どもは1日の

スケジュールが無い状態だと、

好きなことだけに走ったり、

我が道を行ってしまいます。

 

1日のスケジュールを

おおざっぱでも構いませんので、

一緒に決めるなどして

カレンダーを作ってみましょう。

 

  • とにかく褒める!

子どもは叱られることが嫌いですが、

ADHDの子どもは

特に叱られることで自分自身に

喪失感を覚えたりします。

 

「どうして宿題も出来ないの!」

「やらなきゃダメでしょ!」

 

こういった言葉を

投げかけてしまっては、

子どものやる気は

どんどん損なわれていきます。

 

どんなに些細なことでも、

出来たら褒めてあげましょう。

 

宿題なども、

いきなり取り組むのではなく、

例えばまずその宿題に類似した

クイズなどを出してあげてみて下さい。

 

算数であれば、

「1+7は?」などと問いかけ、

答えることが出来たらとにかく褒める。

 

そこで、「じゃあこれは?」と、

宿題を見せるなどすると、

やる気スイッチが入った状態で

宿題に取り組むことが出来ますよ。

 

  • 集中力を上げる対策を取る

ADHDの症状の代表例ともいえる

「集中力の欠如」。

 

特に子どもは集中力が短いので、

宿題をやるにせよ、習い事をするにしろ、

段取りを組んであげてください。

 

はい、どうぞ、とドリルだけ与えられても、

なかなか始められない子が多いですから、

何をするのか、終わったらどうするか、

どこまでやったら休憩か、などなど、

 

所々に区切りをつけてあげるのも、

集中力を徐々に伸ばしていくポイントになります。


ページの先頭へ