ADHDに効果が期待できる成分「DHA」について調べてみました!

目安時間:約 5分

青魚などに多く含まれることで知られている「DHA」は、

「摂取すると頭が良くなる」、「脳にとてもいい」などの

情報として知られていますよね。

 

そんなDHAが、ADHD改善にも効果的ってご存知ですか?

 

今回はADHDに有効的なDHAについて、

また、ADHD改善におすすめしたいサプリメントでの

改善方法などを詳しくご紹介していきたいと思います!

 

【DHAってどんな成分?効果は?】

 

DHAの正式名称は、「ドコサヘキサエン酸」といって、

必須脂肪酸のひとつであり、

不飽和脂肪酸として分類されています。

 

DHAは脳に良い、頭が良くなる!とよく言いますよね?

 

確かにその通りではありますが、

DHAは健康上にもとても良い成分なんです。

 

まず、代表的な効果として、

DHAはコレステロールや中性脂肪を下げる働きを持ちます。

 

生活習慣や食生活が悪くなることなどが原因で、

体内にはコレステロールや中性脂肪が溜まっていきます。

 

その結果、血中濃度が上がってしまい、

あらゆる病気を引き起こしてしまうのです。

 

それらを防いでくれる成分こそがDHA!

摂取することで、血中濃度を抑えて血液をサラサラにし、

なおかつ中性脂肪やコレステロールの

放出量も減らしてくれます。

 

他にもDHAには、以下のような効果に期待が持てます。

 

・ストレス減少効果

・アルツハイマーの抑制

・抗うつ作用

・高血圧予防

・動脈硬化予防

・認知症予防

・抗アレルギー、アトピーの改善

 

そんなDHAですが、

脳やADHDへの効果はどのようになっているのでしょう?

 

【DHAがもたらすADHDへの効果】

ADHD(多動性注意欠陥症)は、

脳の情報伝達がスムーズにいかなかったり、

脳が正常な状態ではないことを言います。

 

DHAにはこの情報伝達をスムーズにする力があり、

脳内にDHAが多ければ多いほど、

記憶力や集中力など、様々な力が

上がっていくとされているんです。

 

そんなDHAは青魚などに多く含まれていますが、

食材だけで十分な量を摂取のするのはちょっと大変。

 

DHAを手軽に摂取する際には、

サプリメントでの摂取がおすすめです。

 

また、子どものADHD改善にもDHAサプリメントは

おすすめ出来るのか調べてみたところ、

基本的には子どものために作られているDHA商品はなく、

大人が飲むのが主流の様子。

 

そこで、子どものADHD改善に

おすすめのサプリメントを見つけましたので、

最後にご紹介したいと思います!

 

【子どもにも安心!ADHD改善サプリメント「コドミン」】

コドミンとは、子どものADHD改善に向けて

作られたサプリメントで、

「ホスファチジルセリン」という脳を

活性化させるのに効果的な成分が

ふんだんに配合されています。

 

脳が活性化されることで脳内の

情報伝達がスムーズにいくため、

脳がクリアになり、

様々なADHD症状を緩和してくれます。

 

コドミンはお値段もとってもお得で、

いつでも解約・変更可能な定期コースを

選択することで、月980円

購入することが可能ですし、

子どもが気にする「味」についても、

子供向けの味を実現し、

「ラムネ味」になっています。

 

購入先については、

コドミンの公式サイトがお得で、

安心安全に購入することが出来ますので、

気になる方は是非チェック

してみて下さいね!

 

<コドミンが980円で始めれられるのはここだけ>

<詳細はこちら>

 


子供向けADHDサプリ「リパミンPS」

目安時間:約 6分

 

こどもの集中力低下や、落ち着きがなくて困っている・・

そんな方におすすめしたいサプリメントが、リパミンPS。

 

子どもの行動がちょっと騒々しい

・なんだか落ち着かない様子

・学校で注意されてばかり

 

などなど、子どもの行動に対して不安を抱く方への改善方法の一つとして

おすすめしたいリパミンPSですが、実際に使用してみた保護者の方の体験談や、

配合成分などはどのようなものになっているのでしょうか?

 

さっそく見ていきましょう。

 

 

▼保護者の口コミ

「同じな悩みで困っていた友人の子供が、リパミンPSを飲み始めてからADHDの症状が

改善したことを聞いて、私も迷わず購入。

 

使用して半年経つのですが、以前に見られた子どもの乱暴な行動が

緩和されたので驚いています。」

(Aさん)

 

 

「子供が小学校に上がるまでに、どうにかADHDを改善したくて飲み始めたリパミンPS。

嫌がるかなあ?と思いましたが、抵抗なく飲んでくれています。

落ち着きのなさも改善されているので、効果ありだと思います。」

(Bさん)

 

 

「周りの子に比べて集中力が極端にない我が子に困っていました。

リパミンPSはサプリメントなので、好きな時に飲ませることが出来ておすすめです。

最近では学校でも静かに椅子に座ってられていると担任の先生に言われるまでになりましたよ。

(Cさん)

 

 

▼効果と配合成分

リパミンPSには、子どものADHD改善に有効的な

「ホスファジルセリン」といった成分が配合されています。

 

ホスファジルセリンは大豆から抽出される貴重な成分であり、

その効果として以下のような効果に期待が持てます。

 

・子どもの集中力を引き上げる

・落ち着きを改善

・積極性を強化

 

また、リパミンPSは単にADHD改善効果だけにとどまらず、

子どもの身体に嬉しい成分がまだまだ配合されているのです。

 

その気になる配合成分は以下の通り!

 

◎配合成分

ホスファジルセリン/L-ロイシン/L-トリプトファン

ビタミンB6/ビタミンB12/葉酸

 

 

ホスファジルセリンを始め、

筋肉などの身体的成長に嬉しいL-ロイシン、

イライラ改善や安眠効果のあるアミノ酸の一種、L-トリプトファンなども配合!

 

また、妊婦さんがよく飲む「葉酸」も配合されています。

 

葉酸には貧血予防効果や神経の働きを助けてくれる効果などがあることから、

小さな子どもも積極的に摂取していきたい成分なんです。

 

実にこれだけの成分が配合されているからこそ、

リパミンPSはADHD改善や健康維持に期待が持てるわけですね。

 

 

また、気になる副作用についてですが、

リパミンPSは安全な成分をもとに作られています。

 

副作用が出たとの情報もないため、安心して飲むことが出来ます。

また何歳からでも安心して飲むことが出来ます。

 

そして、飲み始める年齢についてですが、

サプリメントは薬ではなく食品として扱われるため、

これも特にこれといって決まりがないのです。

 

そのため、何歳から飲ませるかは自分自身で

決めることが出来るわけですが、

最低でも固形物などの飲用が出来るようになった時を

目処に与えてあげてみてください。

 

≪購入情報≫

リパミンPSは通販専門商品のため、

ドラッグストアや薬局等での販売はされておらず、

アマゾン・楽天・Yahoo!ショッピング・公式サイトといった

通販サイトがおもな販売先になってきます。

 

調べてみたところ、その中でも特におすすめなのが公式サイト!

公式サイトの詳細はこちら!

■通常購入価格・・・3,000円

 

 

■定期コースをご利用の場合

▼定期購入3袋セット

11,500円が10%OFF→8,100円

 

▼定期購入2袋セット

6,000円→5,400円

 

 

なんと一袋あたり2,700円と、とってもお得に!

また、公式サイトならではの特典なども揃っているので、

気になる方は公式サイトをチェックしてみてくださいね!

 

リパミン公式サイトURLはこちらから!

http://www.kensup.co.jp/lp/


ADHDという子供の病気を知っていますか?

目安時間:約 12分

ADHDは注意欠如・多動性障害と呼ばれる病気で、

「不注意」、「過活動」、「衝動性」の3つの症状が6ヶ月以上続き、

日常生活を妨げるような状態の場合ADHDと判断されます。

症状は、早い場合は6歳未満で発症を確認できますが、

多くは小学校入学後の12歳までに確認されることが多いようです。

これはADHDの3つの症状が集団内で規律を

求められる生活に合わないために発見されるケースが多いためです。

 

続いて具体的な「不注意」、「過活動」、「衝動性」の症状を見てみましょう。
① 「不注意」
・忘れっぽい
・一つのことに集中でできない
・片付けや整理ができない
・すぐ物をなくしてしまう

② 「過活動」
・じっとしていられないため授業中でも座り続けることができず歩き回ってしまう
・その時の状況に関係なくひたすらしゃべり続ける
・常にそわそわしている

③ 「衝動性」
・衝動的な行動が連続する
・順番が待てない
・他人が話をしていてもすぐに割り込む
・脈絡のない発言が連続する
・気に入らないと乱暴になる

以上が具体的な症状ですが、一概にどの子供でも当てはまる内容でもありますので、

素人判断でADHDを疑う前に、まずは専門機関で診てもらうことが重要です。

 

身近な専門機関
・子育て支援センター
・発達障碍者支援センター
・保健センター など

 

専門機関に行く前にできるセルフチェックはありますか?

アメリカ精神医学会の診断基準第5版(DSM-Ⅴ)にADHDの診断基準がありますので分かりやすい部分を抜粋しておきます

<A(1):不注意についての判断基準>
以下の症状が6つ以上6ヶ月間継続して確認でき、

発育の度合いに合わず生活に強い支障を与えている場合
(a) 学業,仕事,その他の活動において,頻繁に細かく注意することができない、

または不注意な間違いをしてしまう。
(b) 与えられた課題または遊びの場で注意を集中し続けることが頻?に困難となる。
(c) 直接話しを向けられたときにしばしば聞いていないように見える。
(d) しばしば指示に従えず,学業,用事または職場での義務をやり遂げることができない

(反抗的に行なっているわけではないし指示を理解していないわけではない)。
(e) 順序立てて課題を進めたり活動をしたりすることがしばしば困難である。
(f) (勉強や宿題のような)精神的な努力の持続が必要な課題に取り組むことをしばしば避けたり、

嫌がったりし、やりたくなさそうに行ったりもする。
(g) 課題や活動に必要なもの(例:おもちゃ,学校の宿題,鉛筆,本,または道具)などを、

しばしばなくしてしまう。
(h) 外部から刺激があるとしばしば気が散ってしまう。
(i) 毎日の活動で忘れっぽいことがたびたびある。

 

<A(2):多動性および衝動性についての判断基準>
以下の症状が6つ以上6ヶ月間継続して確認でき、

発育の度合いに合わず生活に強い支障を与えている場合
(a) しばしば手足をそわそわと動かし,またはいすの上でもじもじしたりする。
(b) しばしば教室などの座っていることを要求される状況において席を離れてしまう。
(c) しばしば,その場の状況を考えず,あちこちを走り回ったり高い所へ上がったりする。
(d) 静かに遊んだり、余暇活動を行ったりすることができないことが多い。
(e) じっとしていられなかったり、“エンジンで動かされているように”

行動したりすることがたびたびある。
(f) しゃべりすぎることが頻繁にある。
(g) 質問が終わる前にいきなり答え始めてしまうことがしばしばおこる。
(h) 順番を待つことが困難である場合がしばしばある。
(i) 他人を妨害したり邪魔をしたりすることがしばしばある。

 

以上が診断基準ですが、素人判断は危険ですので、

詳しくは専門機関で正しい判断をしてもらいましょう。

 

子どもがADHDになる原因は?

 

残念ながら現在でも正確な原因はまだわかっていませんが、

これまでの研究の結果、思考をつかさどる前頭葉と呼ばれる脳の一部に

機能異常がみられることが分かってきました。

 

しかしどうして機能異常を起こすかについては詳しくはわかっていませんが、

遺伝的な脳の異常部分が(通常では問題なし)様々な環境に影響され

ADHDが発祥するのではないかといわれています。

 

育て方が悪いからADHDを発症するのでしょうか?

 

子どものADHDは症状から引き起こされる行動のために周りとトラブルを起こしやすいため、

親のしつけが悪いのでは?などの非難を受けやすいのですが、

そもそもの原因は先天的な機能障害ですので

親のしつけとは何の関連性もありません。

また、ADHDは症状の特徴から学習障害になる場合がありますが、

知能には影響がなく複雑な内容も周りがフォローすれば十分理解できるのです。

 

症状を改善する方法はあるのでしょうか?

 

いまだに原因が特定できていませんが、いろいろな症状改善の方法が行われています。
大きくは心理療法と薬物療法の2つに分けられております。

① 心理療法
<ソーシャルスキルトレーニング>
これはADHDの子供が周りの人たちとうまくかかわりを持って

生活するために必要な能力を養う訓練のことを言います。

 

具体的には次の
・ゲーム
あそびを通じてルールを守ったり仲間と協力することや

勝ったり負けたりすることがあるということを訓練します。

・ロールプレイング
お芝居のように色々な場面を想定しどのように行動すればよいかを訓練します

 

以上のように一人一人ではなく集団での行動を

シミュレーションすることで環境に適合してゆく訓練です。

 

<ペアントトレーニング>
これはADHDの子供をもつ親がどのように子供と生活してゆくかを学び、

かつ実践してゆくかを訓練してゆくためのプログラムです。

具体的には次の2つに分かれて行われます
・講義
子どもの行動について理解する、また親としてどのような行動が良いか、

悩みの解決法は?などを学んでゆきます。

 

・ホームワーク
与えられた課題に沿って、子供に接したり指導したりした結果を

次の講義で再確認します。

 

② 薬物療法
子供のADHD対策として薬物療法があります。

これはADHDの3つの症状「不注意」、「過活動」、「衝動性」を

薬物で緩和するのですが、効果は薬を飲んでいる間だけで、

効き目に個人差もあります。

おもな治療薬は次の2種類となります。

<ストラテラ>
ストラテラとは日本での商品名で、

薬品名はアセトモキセチンと言います。

アセトモキセチンは闘争および逃避反応を引き起こす神経伝達物質ノルアドレナリンを

阻害する薬で、効果が確認されるまで数週間かかりますが

1回の内服でほぼ24時間持続します。

 

副作用は、かるい場合は食欲不振ですが重度の場合は

肝機能障害やアナフィラキシーなどがある劇薬指定のお薬です。

 

<コンサータ>
コンサータも日本の商品名で主成分はメチルフェニデートと呼ばれる精神刺激薬で、

精神活動を高める作用があります。

 

ストラテラとは違い連続で効き目はなく徐々に効き目が消えてゆく通常の薬品と同じタイプです。

ADHDの子供に対しては集中力を高める作用があり、

根気よく作業をしたり落ち着いて席に座っていられるようになります。

 

副作用は少ないタイプではありますが、

興奮刺激剤の一種であるため精神的依存になる場合もあります。

 

病院で処方される薬物は以上の2種類ですが、

それ以外にもサプリメントによる治療法があります。

 

成分は「ホスファチジルセリン」というリン脂質の一種です。

最初はスポーツに関係する栄養として使用され、

ストレスを軽減し耐久力を増やす効果があるため、

長時間運動を続けるタイプの人に使用されていました。

 

その後、ADHDの子供にも症状の改善に効果があることが確認されたため、

ADHDの子供に効果のあるサプリメントとして使用されることになりました。

 

ADHDサプリにはどんなサプリがあるのでしょう?

現在は、メディカルファーマジャパン株式会社から販売されている「コドミン」と

株式会社健康サプリ研究所から発売されている「リパミンPS」があります。

 

「コドミン」は「ホスファチジルセリン」を主成分としその他の成分をほとんど添加していないため

純粋にADHD全般に効果が期待できます。

 

「リパミンPS」はチロシンとトリプトファンが配合されていますので、

興奮して夜なかなか寝付けない子供に効果があるようです。

 

ADHDサプリは何歳から飲めますか?

 

どちらも補助栄養食品ですので、離乳食中の乳幼児でなければ摂取可能です。

 

ADHDは症状がしっかりと確認されはじめるのは、

集団生活が始まってからがほとんどですので、

小学生以上の場合はサプリを飲んでも問題はありません。

 

子供向けのADHDサプリの一押しは?

 

おすすめは若干価格が高いのですが「コドミン」をおすすめします。

理由は飲みやすさにあります。

 

「ホスファチジルセリン」そのものの味はお世辞にもおいしいとは言えません。

いくら安いサプリを買っても子供が飲んでくれなくては意味がありません。

 

特に小さい子は我慢して食べることができませんが、

「コドミン」ならラムネ味が付いているので嫌がらずに口にしてくれます!

 

ということで、「コドミン」をさらにお安く買うには、

購入するなら公式サイトがおすすめです!

 

下記の公式サイトをクリックすると「トクトクコース89%OFF」

というキャンペーンが出てきます。

初回が送料無料の税抜き980円となっていますのでお早めに!

 

コドミン公式サイト「https://mpj.jp/shopping/lp.php?p=kodomin」

リパミンPS公式サイト「http://www.kensup.co.jp/lp/」


ページの先頭へ