ADHDの子どものとの関わり方はどうすればいい?どんな関わり方としたらうまくいくの?

目安時間:約 4分

子どものころに起きる可能性のあるADHD。

 

ADHDとは多動性注意欠陥症のことを指し、

脳の一種の障害であるとされています。

 

ADHDといってもいくつかの部類分けがされ、

多動性や不注意型、衝動性など様々で、

じっとしていられずすぐにその場を動いてしまったり、

物忘れが多い、宿題など一つのことに集中して取り組めない、

暴力的になってしまう、などなど、

その部類に分かれて出る症状も様々です。

 

 

そのため、そんな症状となかなかうまく向き合えずに

日々悩んでいるお母さんお父さんも少なくありません。

 

今回はそんな子どものADHDにどう向き合っていけばいいのか?

 

上手く関わっていくにはどんな対応を取ればいいのかなど、

ADHDの症状別に対処法を詳しくまとめてみましたので、

さっそくご覧ください!

 

【ADHDの症状別対処法】

■暴力的な行動を取ってしまう

これは衝動性のADHDに多く見られる症状で、

幼少期であればおもちゃなどの物を乱暴に扱ってしまったり、

小学生になると友人に対して乱暴的な態度を取ってしまう事などがあり、

お母さんもヒヤヒヤしてしまうかと思います。

 

ただ、やはり子どもはそうしたくてしているわけではありません。

しかしやはり学校の先生などはその子に対して怒らざるをえないでしょうし、

お母さんもついつい怒ってしまうと思います。

 

毎回怒られてしまうことで子どもは

「どうしていつも怒られちゃうんだろう」

「自分は他の子と違って悪い子なんだ・・」

と悲観的になっていってしまうため、

感情的に怒るのではなく、しっかりと良くないことは良くないと話をしたうえで、

子どもを優しく抱きしめて、「大丈夫だよ」「悪い子なんかじゃないよ」と、

優しい言葉をかけてあげて下さい。

 

■宿題などの課題に取り組めない

これは、宿題や課題のことよりもやりたいことが優先してしまったり、

集中力がないために起こるとされています。

 

ですので、なるべく子供が宿題等に集中しやすい様、

テレビや漫画などが近くにない環境を作ってあげましょう。

 

また、机の上がいつも綺麗に片付いていて、

勉強道具だけが乗っている状態もまた、

子どもが宿題を取り組みやすくなる方法としておすすめです。

 

■感情に身をまかせ、暴れてしまう

自身の思い通りにならないことがあると暴れてしまう子も少なくありません。

 

暴れる理由には「欲しいものを買ってもらえない」

「ゲーム等で負ける」などがあげられます。

 

万が一子供が暴れてしまった場合は、

一度その場から子どもをなどして環境を変えたうえで、

その気持ちにまず共感してあげてください。

 

子どもは自分に気持ちに共感してもらえないことに

ショックを受けます。

 

何事にもまずは気持ちを理解してあげてから、

一緒に解決策を話し合うなどして、

上手に向き合っていきましょう。

 

子供のADHDをサプリで解決!

スタートは980円から!

詳細はこちら!

 

 


ページの先頭へ